HPをSSL化、内部サーバー(windows2016server)、外部用(LinuxServer)で再構築しました。

ホームページのSSL化を行いました。

ホームページを運営する上でセキュリティはとても大事です。HTTPで始まるWEBサイトは暗号化がされておらず、通信途中を傍受すれば通信内容が読み取れてしまいます。SSL化を行うと通信が暗号化されるので信頼性の高い通信が出来るようになります。何より見ていただく人が暗号化されているのだなと安心してもらえるというのが一番大きいです。ヤフーも以前はHTTPから始まるアドレスでしたがここ近年でHTTPSとなっているのに気づいてる方も多いと思います。あれがSSL化ですね。

SSL化はグーグルのSEO対策にもなります

世界中のホームページを収集しその結果をデータベースにいれて検索エンジンを構築しているグーグルもSSL化を行っているサイトを評価する傾向があります。世の中のホームページがSSL化してないとマナー違反のような風潮となってきている今ようやくうちのサイトもSSL化を行いました。そしてついでにドメインも変更いたしました。SSL化を行い、ドメインを変更いたしますと、これまでつみあげてきたSEO効果、ドメインのパワーもも消えてしまいますので301リダイレクトできちんとこちらのサイトに移動になったんだよとグーグルに伝えて評価もある程度は引き継ぎ出来る形でホームページの移行が出来たと思います。

外部サーバーをLINUX、内部サーバーをWINDOWS2016に変更いたしました。

SSL化は無事完了しましたが、これに伴い、これまで外部サーバーにwindows2016serverを使用してきましたが、外部へ公開するサーバーをlinuxに変更いたしました。そしてこれまで使っていたウィンドウズ2016のサーバーを事務所内の内部サーバーに変更いたしました。コストがWINDOWSサーバーと比べて抜群に安いのでスキルアップやセキュリティ面も考慮しての変更です。一日がかりの作業でした。

Twitterフォロー出来ます♪